BNI姫路リージョン 白鷺チャプター

BNIとは

世界最大級の異業種交流組織

 

BNIとは1985年にアイヴァン・マイズナー博士により創立された世界最大級の異業種交流組織です。世界67カ国、7800を超えるチャプター、約20万人以上のメンバーがいます。

 

 

「ギバーズ・ゲイン」(与えるものは、与えられる)の理念の基、事業者の方々が口コミ・マーケティングを通じてビジネスを成長させる仕組みが体系化された環境の中、メンバー同士がビジネスを提供し合っています。昨年だけでBNIのメンバーは770万件のリファーラルを交わし、合計約1兆円ものビジネスを提供し合いました。1専門分野から1名のメンバーによって構成されています。

 

日本では現在17都府県、238チャプター、メンバー数は約7400人となっており、総取引額は976億円にのぼります。

 

BNIでビジネスがどう発生するかを簡単に説明しますと、メンバーになるとまず同じチャプターの中でメンバーとお互いのビジネスを理解し合い信頼関係を築きます。メンバーはネットワーキングを通じてお互いを手助けしようという強力な意志を持っています(強い意志がないとネットワーキングは困難なのです)。仲間のメンバーのために行動すれば、その恩恵は巡り巡って自分に帰ってくるということをメンバー全員が理解しているのです。

 

つまりメンバーであることは、ある意味では何十人もの営業マンを抱えているようなものです。これは、あなたもまた仲間のメンバーのために営業マンとなることを意味します。仲間のメンバーがあなたを手助けするように、あなたも仲間のメンバーを手助けをするのです。そうすることでメンバー全員が良い結果を得ることができる、という理念に基づき行動しています。

 

BNI姫路リージョンについて

 

about01

 

BNI姫路リージョンは管轄エリアが姫路市、加古川市、高砂市、小野市、加西市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、神崎郡市川町、神崎郡福崎町となっています。私たち白鷺チャプターは姫路初のチャプターとして2013年に誕生、現在メンバー40名で活動しています。

 

チャプターはいわばチームです。チームの一員になるには、BNIの各種規定やガイドラインを遵守し、各種スキルアップ・エデュケーショントレーニング、イベントなどへの積極的な参加、他チャプターとの交流などが求められます。この辺りが他の異業種交流会と比べると「割と厳しい」と評価されている所以です。

 

姫路リージョンには白鷺チャプターの他に、オーシャンチャプター、サムライチャプター、イーグレットチャプターの3つのチャプターがあります。

 

定例会について

 

about02

 

BNI姫路リージョンでは毎週木曜日の早朝6:30から8:30までクラウンヒルズ姫路2Fにて定例会を行っています。

 

定例会って一体何をやっているのでしょう。それはメンバー間での様々なビジネス情報の交換・確認、1週間の活動状況の発表、活動に伴う結果報告、メンバー各自のビジネスプレゼンテーション等を行っています。

 

BNI最大の謎!?なぜ早朝の6:30から定例会を行っているのでしょう。

「朝活」と呼ばれているこの定例会。それは目的意識を持った早起きはメンバーの真剣さの現れです。業務開始前に定例会を行うことで仕事前のウォーミングアップにもなり、モチベーションを維持したまま業務に臨めるということです。この10年で「朝型」のビジネスパーソンが急増しているのもそういった理由が側面があるのでしょう。

 

チャプター見学について

 

about03

 

定例会には毎回ビジター様をご招待しています。BNIで交わされるビジネスやメンバーのプレゼンテーションをご覧いただき、更にビジター様にもビジネスプレゼンテーションをしていただいています。またメンバー全員に対して名刺を渡す機会がありますので、一度来られるだけでも大変有意義な機会です。

 

白鷺チャプターメンバー一同あなたが見学にお越しになることを心より願っています。

 

チャプター見学をご希望の場合は、是非こちらの見学お申込みフォームよりお申し込みください。